« IEEE802.1D Spanning Tree | トップページ | Barracuda Spam Firewall Q&A »

CentOS3.7を利用したPPPoEサーバの構築

1.rp-pppoeのインストール

# yum install rp-pppoe

2./etc/ppp/pppoe-server-optionsの編集

# PPP options for the PPPoE server
# LIC: GPL
require-pap
login
lcp-echo-interval 10
lcp-echo-failure 2

loginの項目はUNIX認証のためのようなので
今回は無効化する。

# PPP options for the PPPoE server
# LIC: GPL
require-pap
#login
lcp-echo-interval 10
lcp-echo-failure 2

3.papの登録

pap認証のユーザ名、パスワードを登録する。
vi  /etc/ppp/pap-secrets

# Secrets for authentication using PAP
# client        server  secret                  IP addresses
####### redhat-config-network will overwrite this part!!! (begin) ##########
####### redhat-config-network will overwrite this part!!! (end) ############
"test1" * "testpwd1" 1.1.1.2
"test2" * "testpwd2" 1.1.1.3

ここでtest1はユーザ名、testpwd2はパスワード、
1.1.1.2は割当てるIPアドレス(/32)である。

4.ip_forwardの有効化

pppoeクライアント同士の通信を可能にするために
/etc/sysctl.confを編集

# Controls IP packet forwarding
#net.ipv4.ip_forward = 0
net.ipv4.ip_forward = 1

その後、
#service network restart
で有効化

5.インターフェースの準備

PPPoEサーバを起動されるインタフェースにはIPアドレスを
割当ててはいけないため、次のコマンドでIPアドレスを削除

# ifconfig eth0 0.0.0.0 up

6.PPPoEサーバの起動

pppoeサーバをeth0で有効化し、IPアドレスを1.1.1.1とする。

# pppoe-server -I eth0 -L 1.1.1.1
※pppoeなのでサーバのIPアドレスは1.1.1.1でなくても
2.2.2.2などでも良い。

7.PPPoEクライアントで動作確認

pppoeクライアントで認証成功すればO.K

|

« IEEE802.1D Spanning Tree | トップページ | Barracuda Spam Firewall Q&A »

「Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153537/3663855

この記事へのトラックバック一覧です: CentOS3.7を利用したPPPoEサーバの構築:

« IEEE802.1D Spanning Tree | トップページ | Barracuda Spam Firewall Q&A »