« Barracuda Spam Firewall Q&A | トップページ | FOUNDRYのルーティングテーブルを自動で比較する簡易シェルスクリプト »

OpManagerをchkconfig(/etc/init.d)で制御可能にする方法

参考:http://forums.adventnet.com/viewtopic.php?p=11819

1. opmanager.txt ファイルをダウンロードして /etc/init.d へ置く
  その後、mvで名前変更

    #mv /etc/init.d/opmanager.txt /etc/init.d/opmanager

2. ファイルを開きMDIR変数をインストールしたディレクトリに変更する。
  デフォルトでは/opt/AdventNet/ME/OpManager にインストールされるはず。

    #vi opmanager

    MDIR=/opt/AdventNet/ME/OpManager/bin
    or MDIR=/yourinstalldir

3. 実行可能なパーミッションへ変更する。

    #chmod 755 /etc/init.d/opmanager

4. chkconfigコマンドで登録する。

    #chkconfig --add opmanager

注:opmanager.txt内の「~M」(CTRL+V,CTRL+M)のキャラクタを
  削除する必要があるかも。

    削除用のrmcntrlm.txt(.sh)も「~M」の削除必要あり。
    (なんじゃそら?でも、このスクリプトを利用したほうが楽)

    #rmcntrlm.sh opmanager

その他:
    vim -b filenameで「~M」(CTRL+V,CTRL+M)のキャラクタ存在確認が可能。

注意事項:
  opmanager.txtではopmanagerの停止のために管理者のIDとパスワードを
  平文で登録する必要があるようです。

  デフォルトではadmin/adminが登録されていますので
  管理者IDの変更を行った場合にはこちらにも反映させる必要があります。

> opmanager.txt

sh ShutDownOpManager.sh admin admin >>/var/log/opmanager.log 2>&1

「opmanager.txt」をダウンロード

「rmcntrlm.txt」をダウンロード

|

« Barracuda Spam Firewall Q&A | トップページ | FOUNDRYのルーティングテーブルを自動で比較する簡易シェルスクリプト »

「Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153537/3893292

この記事へのトラックバック一覧です: OpManagerをchkconfig(/etc/init.d)で制御可能にする方法:

« Barracuda Spam Firewall Q&A | トップページ | FOUNDRYのルーティングテーブルを自動で比較する簡易シェルスクリプト »