« Solarisでのcrontab編集方法 | トップページ | FOUNDRYで「More」の表示を無効にするには »

NetScreenで「more」の表示を無効にするには

Ciscoでは「terminal length 0」のコマンド投入でページ毎の
「more」表示を無くす事ができるが、NetScreenで同じような機能を
有効にするには次のコマンドを投入する。

NOTE:Ciscoのようにグローバルコンフィグの概念が無いので
     稼働中のコンフィグに入ってしまう。
     (保存したければsaveを実行)

Ciscoではtelnetを切断すれば「terminal length 0」が無効になるので
ある意味便利なのだが・・・。

-> set console page 0

無効にするには(最後の0は不要)
-> unset console page

取得するコンフィグに"set console page 0"を含めたくない場合には
次の2つの方法がある。

方法1:excludeで "set console page 0"が含まれる行を表示させないようにする。

-> get config | exclude "set console page 0"

方法2:saveされたコンフィグのみ表示させる
(set console page 0のコマンド投入後saveせずに下記コマンドを実行する)

-> get config saved

|

« Solarisでのcrontab編集方法 | トップページ | FOUNDRYで「More」の表示を無効にするには »

「NetScreen」カテゴリの記事

コメント

いつもご来場ありがとうございます。
また、たくさんの書き込みありがとうございます。

感謝の意を込めてリンクを貼らせてもらいます。よろしければ、私のサイトもリンクをお願いします。

またのお越しをお待ちしております。

投稿: viva-netscreen管理者 | 2006年11月25日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153537/4301939

この記事へのトラックバック一覧です: NetScreenで「more」の表示を無効にするには:

« Solarisでのcrontab編集方法 | トップページ | FOUNDRYで「More」の表示を無効にするには »